北海道製麺協同組合

北海道製麺協同組合

バックナンバー

「麦畑」平成29年7月29日(土)

富良野地区の秋蒔き麦がたわわに実り、そろそろ刈入れが始まっています。ホクレン麦類課課長談話「昨年はあまり良くなかったので、今年に期待していす。」との事。今年は6月に雨降りが多く心配していましたが、富良野地区の麦畑の面積は少ないが、順調にすくすく育ち、刈入れ時期の雨による被害も心配ないようです。秋粉(秋蒔き小麦)は良いようです。(素人が見たところですが。)今年は期待できそうです。


「新潟 酒の陣 」平成27年3月20日(金)

3月の第2土曜、日曜日に「新潟 酒の陣」が朱鷺メッセウェーブマーケットで開催されました。当日券2,500円(前売り券2,000円)を購入、大勢の入場者に混じり開場を待つこと数十分!いよいよ開場です。会場の入り口で「お猪口」と水が入ったペットボトルを受け取り「いざ!」会場内へ、広い会場内は新潟中の蔵元(90の蔵元)が所狭しと「のぼり」を掲げ、実に戦国の陣を構えるがごとく、これでもかと自慢の酒を振舞って(試飲)いる。それではこちらも「新潟の酒を飲むぞ!」と普段なかなか口にすることが叶わない美酒を全ての蔵元の酒を飲むつもりで飲みつづけ、途中でだらしなく撃沈してしまいました。2日間の入場者数が4~5万人ほどらしく、県外からも「小旅行」の感覚で訪れる人も多く、楽しい1日を過ごせるな!と感じました。皆さんもお時間があれば「新潟 酒の陣」挑戦してみてはいかがですか?


「日本の麦の底力」平成27年2月24日(火)

1月16~17日第二回「日本の麦の底力」に参加、道麺組合員さんが道産小麦粉で加工された商品を展示、販売してきました。第一回目の反省が活かされ、前回より入場者が多かったようですが、さらに次回の反省点として、消費者がイベントを確認できる場所選びが肝心と思われます。道麺のブースは道産小麦粉加工商品の物販のみで、お客様に立ち止まっていただくため、我が事務局長のアイデアで急遽道具を揃え、試食をしたところ急に商品が売れ出し、「物産展と同じ販売方法でなければ売れないのか!」。また北海道からはもう一店昨年発足した「北海道ジンギスカン焼きそば」の会が出店、珍しさもあり皆汗だくで大奮闘していたようです。その他は前回同様に、うどん、ラーメンを販売され、大勢のお客様で賑わっていたようです。さらにパン業界も北海道産小麦粉の商品を試食販売しており、こちらも多くのお客様で賑わっていました。このイベントは5年計画で実施されますが、道麺として第三回目の参加はあくまでも私個人の考えとして、慎重に考えなければならないと思っております。「継続は力!」なのですがね。


「全青連幹事会」平成26年3月22日(土)

3月14日、全青連幹事会が横浜で開催されました。場所は横浜駅から徒歩7分位、高層マンションの谷間に(写真を参照)タイムスリップしたかの様な建物が今回の場所です。『田中屋』創業文久年間150年余の歴史があり、田中屋のはじまりは、浮世絵の中から探すことができます。東海道五十三次の神奈川・台之景にも描かれている腰掛け茶屋の「さくらや」を先代が買い取り「田中屋」がスタートしました。長い歴史の中で、1868年神奈川宿大火、関東大震災、横浜大空襲などさまざまな困難をくぐりぬけ、かっては1,300件あった料亭が現在では「田中屋」1件のみが残り営業を続けている。幕末の志士、坂本龍馬の妻「おりょう(楢崎 龍)」が龍馬亡き後、住み込みの仲居として、この田中屋で働いていたようです。龍馬からおりょうにあてた恋文が、今も田中屋に残っているようです。歴史ある落ち着いたしつらえの中で、癒される空間でした。女将の話しでは、この施設を維持していくのは大変だ!との事、しかし次ぎの女将も育てられ、あの激しい女将の気性ですと、まだまだ田中屋は健在ですね。


「日本の麦の底力」平成26年2月17日(月)

 1月22日、日本の食を広げるプロジェクトのうち消費拡大全国農業事業(農林水産省補助事業)、各地域の麦照会ならびに麦を加工した商品の1大イベントが東京プリンスホテル敷地内で開催されました。
北海道対九州のラーメン対決が企画され、北海道から4店舗、九州から3店舗、うどん屋さんが3店舗の業務店、それと小麦を加工した飲料のブースが参加されていました。我が道麺も全道の組合員さんに道麦を加工した商品を提供していただき、来場者に北海道産小麦粉の説明と加工商品の説明を兼ね、販売もしました。残念ながら、各店舗の売り上げは悲惨な結果に終わってしまいました。この企画は5年間の継続事業(予定)で、今回は第一回目なのか、開催の要領があまり理解されていないようで、会場内は関係者ばかりが多く、一般のお客さまはあまり見受けられませんでした。私的な意見ですが、開催日と開催場所の選定が失敗だったと思います。次回(来年)は今回の反省点を検討されて、集客が見込まれる場所、開催日、開催時間を決めていただきたい。


「技能検定試験」平成25年12月27日(金)

12月8日「製麺技能士検定実技試験」が札幌市、株式会社さがみ屋さんの工場をお借りして実施されました。我が業界では、2年に1度の実施なので、毎回受験者の皆さんは合格をめざして真剣に取り組む様子が伝わってきます。実技試験科目は生うどんを製造、うどん製造に使用する中力小麦粉を数種類の粉より選別、計算式より塩水(練り水)を仕込み、ミキシング、圧延途中の麺体の厚さの測定、指定された切歯で切り出し、その麺線の厚みの測定、食数が規定量取れているか?
等など、製麺技能士としての基本的な技量が問われる試験です。最近の製麺工場は自動機器が設備され、あまり手作業が無く、受験者も戸惑う場面もありますが、受験のため勉強する事によって、自分の知識になりますので大事なことだと思います。製麺技能士の皆さん、是非日本の伝統食品「麺」の普及に力を貸してください。


「秋深し!」平成25年11月5日(火)

先月、予想に反して、里にも雪が降りましたが、今年は10月でも例年に無く暖かい日が続いていましたので、皆慌てた様です。富良野は地形が盆地で、何処へ行くのも、山(峠)越えしなければならず、まだ準備が出来ていない状態で、突然の雪が降ってくると、交通がストップしてしまいます。木々の葉っぱも紅葉で皆さんを楽しませている最中で、突然の雪で木の葉に雪が溜まり全体が重くなり、曲がったり、折れたりした木が多く見られました。そろそろタイヤを替えなくては!


「追悼 やなせたかし さん」平成25年10月22日(火)

富良野市麓郷地区に「アンパンマンショップ」があります。麓郷はフジテレビ「北の国から」の撮影地で放送終了後も多くの観光客が訪れています。麓郷に共済農場があるのですが、「ふらのジャム工房」の施設に「アンパンマンショップ」が併設されており、訪れる子供たちに大変な人気があるようです。また雄大な自然の景色も楽しめます。
テレビではジャムおじさんが活躍していますが、やなせたかしさんが訪れた際「麓郷のアンパンマンショップでは、ジャムおばさんも活躍してください。」との事で、唯一ジャムおばさんがいます。残念ですが、やなせたかしさんがお亡くなりになり、施設のキャラクター達は皆寂しそうです、隅でバイキンマンが声を殺して泣いている、、、。


「3月の暴風雪」平成25年3月6日(水)

しばらくお休みでした。パソコンの故障で取替えに手間取りました。歳を取るとややこしいのは面倒でいけません。先日の暴風雪は酷かったですね。皆さんの所で被害はありませんでしたか?当地も風が強くところどころに吹き溜まりができ、交通がマヒ状態で、私も帰り道「ホワイトオウト」で道路わきに車を止め回復を待ちました。翌日の報道で数人の方が亡くなられたとの事、ご冥福をお祈りいたします。日差しも強く感じられ春はそこまで!しかし3月の北海道はまだまだ油断できませんよ。健康に留意され、ご自愛い頂きますように。


「お盆歳時記」平成24年8月16日(木)

 今年の夏は猛暑続きで、体調を管理するのが大変ですね!水分の補給をするのですが、常温水ではなく、冷えた飲料水を飲んでしまうので、更に汗が出てきますよね!8月も中旬が過ぎ、朝夕少しずつ涼しくなって来ました。オリンピックも無事終わり、結果メダルの獲得数が過去最高とは実に嬉しい事です。隣国の某大統領は、オリンピックの開催中に不振な行動を、また他国の反日団体は「我が国の領土だ!」と島に上陸してしまうし、日本政府は隣国にに対して毅然とした態度を示さないと、そんな時、東京都の石原知事の一挙一動が「次は、何と言ってくれるの?」期待しているのは私だけでしょうか?
(不謹慎ですみません)


「農事歳時記」平成24年8月16日(木)

 連日、30度を越す暑さが続いていますが、皆様お元気ですか?暑中お見舞い申し上げます。
オリンピックはメダルラッシュで大盛り上がりですね。水泳の北島選手は個人ではメダル無しでしたが、団体では大健闘、あなたが日本の水泳界を引っ張ってきました、おめでとう。
 体操では念願の金メダル、でんぐり返しの途中でも床、壁、天井も見えていたと言うから驚きですね。
 卓球では、福原愛が大活躍。3歳の頃から愛ちゃんの涙は観ていましたが、今回の涙は真珠の涙に見えました、とはストーカーのご意見なり!富良野も秋まき小麦も収穫され、にんじん、玉葱と大雨の被害も無く、順調そうで、ほんとうに良かった。


「新理事長のご挨拶!」平成24年8月1日(水)

 皆様こんにちは!
今年度の総会で、新理事長になりました 佐々木 剛です。
前理事長 宮川様に引継ぎ、理事長通信を投稿させていただきます。
 宮川前理事長は話題の豊富な方で、内容も興味も盛り沢山で、次のお話は何?って次回が楽しみな状態だったのですが、
 私は、あまり楽しい話を知らないので、皆様に興味のある話が出来ますか解りませんが、「がんばりますよ!」 と言う所で、
次回のお楽しみにしましょう。


北の麺

北の麺
北海道製麺協同組合が運営する、北海道麺専門のオンラインショッピングモール「北の麺」は、おいしくて、安心・安全な北海道の「ラーメン」「そば」「うどん」を製造元からご家庭にダイレクトにお届けします。麺グルメのあなたもきっと大満足ですよ!

「おまち道産」ラーメン キャンペーン開催中!

北海道製麺協同組合
〒062-0035 札幌市豊平区西岡5条14丁目8-23 【Googleマップで開く
電話:011 - 522 - 5015 / FAX:011 - 583 - 0480
E-mail:

Copyright © 2016 北海道製麺協同組合. 無断転載はご遠慮願います